株・愚痴の裏道

株式投資で負けた時、失敗した時、騙された時、予想が外れた時。 地合いの急変や材料での急落、パニック、暴落・・・ 個人投資家の喜怒哀楽をぶちまけます!

日はもグッタリしてたし、デカチチも相当に疲れたみたいでちょっと元気なかったんだよ。それでも、子供達を預かってるしきちんと食事も作らんといかんし、洗濯は山のように出るし・・・。
相場の方は朝寄りでリベンジ出来たんで、あまりガツガツとは行かなかったが、ちょっと買い過ぎじゃないか?ってくらい買われてたんで、天の邪鬼が顔を出して大引けに大量売りしたけど。
yakinikusiki_14
それでデカチチと相談して外食しようということになった。子供たち「何が食べたい?」って聞くと、「ファミレス」とか「マック」とか言ってるんだよ。まぁ、それでもいいけれど、どうせならいろいろあったんで、みんなで行こうと言うことになって、義父母さんも誘うことに。電話で連絡すると、みんな結構乗り気になってた。
俺も、オヤジを誘ってみると、珍しく行くと!ならば「焼き肉か?」と一瞬思ったが・・・。あれは、主催者(俺)が気せわしくてたまらんから。いろいろ注文したり、なんだりと落ち着かないんだよな。後は車だけど、デカチチと妹さんに運転手してもらうことになった。

ならば・・・・昔良く使ってた鉄板焼の店にいってみようかと。まだ、営業してるのか?と思い電話で確認するとマスターが「なんとかやってます。是非、いらしてください」と。「じゃ、みんなには内緒で、連れていっちゃうか!」とデカチチと密談(笑)

行きは俺が、子供達とオヤジをピックアップしてデカチチの実家へ。妹さんの帰宅を待ってもう一台に義父母を乗せ、俺が先導。店に着いたのは7時半過ぎてたな。

社用で使うことも多かったが、家族で年に4,5回は行ってた鉄板焼きの店。行けば長女は肉もいただくけどアワビ専門(大好き)二女は肉とイセエビ女房は肉は食べずにアワビ、イセエビ、サザエ、ヒラメと海鮮専門肉とニンニク(苦笑)
なんか懐かしいシーンが蘇るよ。
「お久しぶりですね。いらっしゃらないので御病気でもしたかな?と心配してたんですよ」
「いやいや、人生の苦難というやつだよ」
それでもマスターは精いっぱい歓待してくれた。そして俺の好きだったワインを覚えてくれて、
「復活の御祝いです」
だって。

さて、デカチチ
「師匠、こんなとこ、大丈夫?高そうだけど・・・」
「たまにはいいだろう!」
子供達
「なんか、高級でセレブ気分!」
「俺、こんなとこ、初めて」
子供達も体験しておくのも悪くないよな。
妹さん
「なんだか、悪いわ。普通の焼き肉でよかったのに・・・」
反応は様々。そういうのも面白い。そしてオヤジがなんだか俄然元気でちゃって義父母をリードしてる。
「まぁまぁ、お座りください。ここを倅に教えたのは私なんですよ」
だって。そうだったか?(苦笑)
義母は席に着く前に、「○○さん(俺)には、何から何までお世話になってしまって・・・」
とオヤジに長い挨拶。
「まぁまぁ、座りましょう。倅もなんとかなってきたし、大いに食べましょう」
オヤジィ・・・・(苦笑)

全部で8名。鉄板焼きのカウンターを独占した。と言っても他にお客はいなかっただけだけど。マスターと最近修行を終えた女性が登場で、一同固唾を飲んで見守る感じ。特に子供達は目が輝いてるよ。
「ご注文は?」
「マスター、いつものコース覚えてる?」
「フィレ、サーロイン半々。それに海鮮でしたね。」
「そうそう。でも、基本それで、あとは個別に好みを聞いてやってくれる?」
「承知しました」
さてさて宴が始まった・・・。

それぞれに辛いことがたくさんあった。両親の離婚で子供達は傷つき、義父母は姉に続いて幸せそうだった妹も離婚となってショックを受けた。なにより孫の行く末を心配してたしな。「この歳になってなさけない」と義父は何度も涙してた。
妹さんは、「取り返しのつかないことをしてしまいました」と涙し、これから女手で二人の子供を育てると言う茨の道が待ってる。オヤジは、転落してゆく俺を見守ってた。年度も年金のなかから「美味いもんでも食え」と援助してくれた。
そしてデカチチにも万感の思いがあるだろう。
けれども、人間、幾ら苦しいことがあっても美味い物を食べるときは笑顔になれるんだよ。俺はさ、そんな笑顔が見たかったというか・・・。

圧巻だったのはで肉の御代り4回、都合600グラムは平らげた!流石に食べざかり食べ盛りなんだよな。「○○!いい加減にしなさい」なんて妹さんに叱られるも「まぁまぁ、満足するまでいいですよ」となぜかオヤジがいさめてる。おいおい、それは俺の台詞だろ!(苦笑)
途中でデカチチ我慢できなくなって俺にチラチラと合図を送ってきた。
「○○も妹さんも、ワインいただきます?代行頼んでもらいましょう」
デカチチ満面の笑み!妹さんも嫌いじゃないらしい・・・。やっぱ姉妹だ!(笑)

「○○さん。ありがとうございます。助かりました。」
「マスター、ワイン、入ってないよ」
「あっ、それは私から」
「だって赤2本に白だろ?」
「私にもお祝いさせてください。また御贔屓に」
20万に届かなかった食事代は、こんな時の笑顔の代償としては決して高くないと思う。

  ----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル転換してます!
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄が動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

絶好調!日々激闘のメインブログ!
【株・修羅の道】

めだ、だめだ。
何としても相場に集中出来ん!
というか、ザラバはどうでもいいんだが、情報分析が全く出来てないぜ。
だからポジションに自信が持てないわけよ!

やはり、昨日の買い持ち越しが致命的だったな・・・。なんというか、買い持ったその晩にFOMCで為替を落とされるとは・・・。確かにツキもない。がそれ以上に、売った後のリカバリーに遅れるんだよ。狙った銘柄に売り玉を建てられなかったことが非常に痛いわけ。
たとえば8750第一生命とか9984ソフトバンクもな。いつもの7974任天堂は今日も入る気なら入れたけど・・・気力が続かなかったぜ。

今日は久しぶりに家にいるよ。介護も病院もパス。ちょっと体も疲れ気味なんだよ。

今月は、資金の割にほとんど獲れてない。しかも、今の精神状態と体調じゃ、マイナス突入もある。いや、大きくミスる可能性さえあるよ。何せすっ裸で売り建ててるんだからな。
ザラバに関して5本もブログ書いたが・・・とてもじゃないがシンド過ぎると感じた。いままでよくも続いたもんだよ。

少し休みたいなぁ・・・って弱音を吐いてみる。

そういえば、最近俺のブログ、アクセス落ちたなぁ・・・。気合いを入れて書かないと、読者は敏感なんだな。しかも少し飽きられた気がするし。まぁまぁ、淡々とやるしかないんだけどな。

ちょっと、辛いぜ! 
 
----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル転換してます!
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄が動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

絶好調!日々激闘のメインブログ!
【株・修羅の道】

ラバが引けたら、すっ飛んで行って3時半から伯母の病室でケアマネやソーシャルワーカーと介護計画についての打ち合わせ。
相変わらず異常なまでの、「手厚い介護」なんだが、結局のところ「カネ次第」の側面がミエミエで気持ち悪すぎる。もちろん、彼女達は使命感を持って仕事しているんだろうが、カネのない老人は・・・。
老人介護とのかかわり合いが深まれば深まるほど、この制度に対する疑問もわいてくる。
身の回りの生活に」何不自由なく・・・みたいなケアは、必要ないんだよ。人間、生きていくうえで必要なのは、ある程度の障害、不自由さであって、だからこそそれを補おうといろいろ考える。そういう、最低限の思考能力さえも奪い去ってしまう老人介護・・・。俺は納得できんな!

そして大急ぎで帰宅してブログでザラバ報告をして。するとそろそろデカチチが夕食の準備が終わる。その間に子供達(甥・姪)は順番に風呂!いままでは夜遅くに風呂に入ることが多かったらしく、早い時間に入るのは気持ちいいって言ってるよ。

そして昨晩は夕食に妹さんも合流して5人になった。だが母親と子供達の関係も、今一つしっくり行かないというか・・・もう事情もすべて理解してて、夫婦が互いに不倫してたことが、子供たちの心の傷になってるよな。だから、母子でこれから生活するにしたって、いろいろと蟠(わだかま)りを考えると、前途多難であることは、間違いないね。
妹さんは今の収入では生活が苦しいということで転職を考えていていろいろ探しているようだが、大都市圏ならばともかく、地方ではなかなか条件のいい仕事は見つかるはずがない。彼女の立場になれば、これからどうやって生活してゆこうか、途方に暮れてるだろう。子供達のことを考えると、これからが教育費が最もかかる時期になる。半端な覚悟ではやっていけない。

それで、妹さんが帰った後、恒例のティーパーティ。
「伯父さん、俺達どうなるんだろう?」
「どうにもならないと思うよ」
「でも、この先、俺も働いた方がいいのかな、と思うし・・・」
「高校行かなきゃダメだろ」
「それはそうだけど・・・」
「高校行って大学行って、自分の進路を決めるんだよ。バイトしながらでもそうしないとな」
「サッカー辞めようと思ってるんだ。カネかかるし」
「それは自分で決めなよ」
「うん・・・」
長男は三年生だから、高校受験なんだよな。長女は一年生なので、なだ幼いかなと思ってたら、意外にしっかりしてるんだ。
「離婚なんて今は珍しくないし、私は平気だよ」
「そうか、そうか、強い子だね」
「けど、パパもママも前より好きじゃなくなっちゃった」
「どうして?」
「だって、家族よりも、好きな人出来ちゃったわけだから・・・」
「迷うんだよ、人間って」
「でも、ちゃんと家族あるのに・・・許せない気持ち」

離婚した夫婦以上に子供達の気持は傷ついてる。それは俺も経験してることなので、よくわかるんだよな。けれども、信じている者に裏切られる、みたいなことは人生には必ずあるしな。親でも兄弟でも矛盾を山ほど抱えてるわけで、それを目の当たりにすると戸惑うのは当然だ。けれども自分の中にだって幾らでも矛盾はあるはずで、相互批判したところで余り意味はない。そんなことに気づくには、長い年月がかかるのかもしれない。

子供達が部屋に戻ったあとデカチチといろいろ話した。
「もう正式に離婚した?届けたの?」
「署名して御主人に渡したらしいので、届けたでしょうね」
「じゃ、元の鞘には戻らんね」
「それはないと思うけど」
「妹さん、これからどうするって?」
「とりあえず、アパート捜したみたい。転職の方は全然ないって・・・」
「というか、相手の男とは切れたんだろ?」
「そう言ってるけど・・・わからないなぁ・・・」
「でも、切れないと子供達が納得しないだろ・・・」
「それは私も言いました」
男女の仲ってのは、その辺が実に曖昧であやふやなんだよな。我慢できなければズルズルというのもあるから、早く親子で生活できるようにしないと駄目だ。忙しくて大変な思いして、そのことは忘れるようにしないとな。

「あのさ、余計なことかもしれんけど・・・」
「なんですか?」
「この家、貸してあげようか?」
「えっ!?」
「あのさ、ここを親子に貸すんだよ。もちろん、アパート借りたくらいの家賃はいただくの。ほら、ここを紹介したのは俺の知り合いだし、家主さんに了解が取れれば、借主は俺のままでもいいし」
「師匠、そこまではしてやることないんじゃ?」
「うん、そうかもしれないけれど、他の目的もある」
「どういうことですか?」
「もし、どこかのアパートで親子三人の生活が始まったとして、それは親も、君からも目が届かない生活になるだろ?」
「そうですね」
「そうなったとき、妹さんは男と別れられると思う?子供達は、全部じゃないにしても親から心が離れてる。母親は働いてるし、子供達も自由になっちゃう。そうなったら・・・」
「ぐれちゃうってこと?」
「要するに家族を繋ぎとめるものが何もなくなっちゃうかもしれんからな」
「そうかもしれないけど・・・」
「けれど、伯父さん、伯母さんがいて、その世話になってるって状況を作っておくと、少なくとも自分達は孤立してはいない、みたいな、そんな気持ちになれるだろうし、悪いことをすると伯父さん、伯母さんに叱られるっていう状況は大事だと思うしな」
「師匠、そこまで・・・」
「 妹さんだって、お姉さんに頭が上がらない状況なら、君の言うことも少しは聞くだろうし」

自分勝手な選択をした夫婦に対して少し甘すぎと言われるかもしれんけど、こんなときに最も人間を傷付けるのは「孤立感」「孤独感」なんだよ。両親に粗末にされたという寂しい気持ちが子供達にある。主人に裏切られていたという反動から浮気に走った妹さんだって、寂しさからの行動。茨の道を選択したご主人だって寂しくないと言えば嘘になる。もっというと御両親だって、娘の離婚は二度目で、同居もしてくれないとなると寂しいだろう。みんな敷居が高くなってるから、親子の絆がますます希薄になっちゃう。
そういうの、俺が嫌と言うほど経験してきたことなんだ。しかも、俺はほとんど無一文だったから、どうにもできなかった。その苦しさは伝えようもないよ。

「俺達はさ、移住しようと思ってるくらいだから、また新しいアパートでも見つけりゃいいさ。その方が身軽だしな」
「師匠・・・・」
まぁまぁ、一つの案なんだけどな。たまたま俺がそう出来る状態になれたんだから・・・。
俺はこの子供達を守るよ。
  ----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル転換してます!
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄が動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

絶好調!日々激闘のメインブログ!
【株・修羅の道】

↑このページのトップヘ