株・愚痴の裏道

株式投資で負けた時、失敗した時、騙された時、予想が外れた時。 地合いの急変や材料での急落、パニック、暴落・・・ 個人投資家の喜怒哀楽をぶちまけます!

dailytopic_20180805_12
「キツい下げだぜ、お前に分かるかい?あのトラベリンバスに揺られて暮らすのは♪♪」永ちゃんじゃないっての!

来たな・・・米国ダウ▲$602、ナスダック▲206P、S&P500▲54P

今夜は債券市場が休場だった。だから債券(米国債)がどうなるかが見えん。見えんけど恐らく金利は低下だろうし。こんな時に8306三菱UFJの決算発表なんだよな(引け後だけど)。

でもさ、今夜の下落は一味違うと俺は感じたのよ。いままでの急落場面ってのは、たとえば米中貿易戦争に対するなんとなくの懸念とか、中間選挙の良くわからない懸念といったある意味では漠然とした懸念(不安)で投資家は利食いをしてたわけだろ?もちろん半導体に対する懸念みたいなものは、投資銀行のレポートでバンバン出てたらしいけど。FANGが売られたことだって、要するにあまり具体的な根拠のない懸念なんだよな。

ところがさ、今夜の場合はちょっと違う・・・。今夜はズバリ、アップルの業績に対する懸念からハイテク全般に広まったということ。アップルくらいになるとその動向は当然いろいろ漏れて来る。ホンハイにたいして(iPhoneの)増産中止を要請したとか伝わってて、「おお?Xシリーズは売れんのか?」っていう疑問が渦巻いてるところにルメンタム社のコメントがでた。もともと、電子部品は警戒されてて、それだって恐らく調べがついてるんだろうし。企業の受注動向とか、少し調べればバンバンでてくるしな。

そういう意味では、スマホが牽引してきた好景気に対する不安が具体的になってきたということ。世界は次の電子部品や半導体の需要を「自動車」に求めてるけど、間に合わんね。EVなんか全然普及せんし、ハイブリッドは高価でしかも電子部品や半導体の供給を吸収できん。IoTなんてのもあるけど、これも10年はかかる。

いま使ってる家電がぶっ壊れなきゃ買わんし。ロボット?いらんし。AI?笑えるし。想像では電子部品や半導体なんてハイテクの進化で需要が減ることは無い!なんて事だったけど、コンテンツのない商品は爆発的に普及なんかせんよ。

昔、ホームビデオが普及したのは「裏○デオ」があったからだ(苦笑)インベーダーゲームが喫茶店で普及したのは「待ち時間」があって「仕事がサボれた」から。パソコン(ネット)だって「裏○ンテンツ」が見れたからだろうし通販もコンテンツだったかもな。今のスマホには何でもある。その上スマホには、ゲームがあったしSNSがあった。どっちも単なる暇潰し。ゲームはすでにすたれて、SNSもピークアウト。YOUTUBE、ツイッター、FBの次はインスタっていうけど、全部スマホの暇潰しコンテンツ。おまけに電話とネットができるとここまで揃ってヒットしたのよ。逆を言えば、ここまでそろわないとスマホのような普及はないってことじゃん。だからいまのところ自動車、ロボット、IoT、じゃダメだね(苦笑)

実際、電子部品とか半導体の需要は、先細ってるんだろう。いま、この時期、この二つのセクターが先細りならば・・・将来どうなるの?みたいな結構具体的な懸念がで始まったってことかもな。背景にはもちろん、トランプの政策(米中貿易戦争)とかFRB利上げがある。どちらも経済にとってはネガティブな背景だぜ。一年とか二年とか、株式相場はぐずぐずになりそう。もうトランプラリーは終了だな。
 


これを出してくると思ったぜ!というか今の不確定要素の塊のような相場でははっきり言ってこれしかない。俺のワンナイト・ギャンブルもこの範疇だからね。 これは大推奨だな。
【相場師朗】のショットガン投資法

いよいよ第二部「彷徨編」連載開始!振り絞って書いてます!
【師匠】彷徨編

灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】斜陽編

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

840x560
(もしかしたら、SBの影響もあったか・・・)

あ~あ、なんか週明けの日本市場は完全に狂ってたな。糞みたいな相場だった。しかも大引け後に、好業績だった銘柄が軒並み売られてることに気が付いて・・・。
俺は正直、為替ばかり気にしてた。この¥114タッチのザラバで売りなわけがないってな。2日越しの建て玉を前場に手仕舞いして久しぶりに大きな利食いができた。それで完全に慢心したな。

ザラバの雰囲気をみながら今夜の米国市場を予想しながらポジションを建てて持ち越すってのが、俺の流儀のはずなのに、それができなかった。それで大引け後に気がついても後の祭りよ。

今日のザラバでは$80高だった米国ダウCFDは、もう徐々に垂れてきて$35高。まだ欧州市場が始まったわけでもないし、中国は高値引けしてるってのに、ダウCFD単独で値を消すって・・・フェイクじゃねぇかっ!

もう最低の展開だな。このところ、結構調子よくてこういう読みの外し方はあまりしなかった。そういうときにはパフォーマンスもいいのよ。それが、ド外れみたいな形になっちまうと、正直その先が「読み」から「迷い」に変わっちまうんだよ。で、迷い始めたら、中途半端なポジションしか建てられなくなるし、頓珍漢な見方しかできなくなる。それって(俺にとっては)最悪のパターンなんだよな。

今夜は米国でもイベントがないんで、株価は素直に需給でしか動かん。そして米国ダウの需給は決して悪くは無い。そういうときには小幅高~小幅安で推移する場合が多い。とすれば明日の日本市場はドル円が効いてくるって読みだった。なのにザラバで何ゆえにダウCFDが$80も上昇するんだ?って考えるべきだった。そこに疑問を抱かずに、買いに走ったってのが、俺的にはどうにも許せないのよ。

やっぱ、素直に「株売りー債券買い」のリスオフと見るべきだった。それにしても、悔し過ぎる! 
 

介護だ、入院だ、とバタバタ続きで泣きたかった今週もようやく週末。今日は前場、後場とザラバを久しぶりに途切れなく見ることができたぜ。それで、感じたんだが、今日あたりの日本市場の動きってなんか変じゃなかったか?

決算が始まって好業績だったり上方修正したりする銘柄が、どうしてこんなに弱いんだ?みたいな感覚と、キヤノンみたいに下方修正してる銘柄がどうしてこんなに買われんだ?みたいな感覚が、もうグチャグチャに混ざってるような、そんな相場だったしな。

けれども、これ、俺は表ブログで(外資が)金利上昇の影響で債券価格低下によるロスを株の売却益で埋める動きなんじゃないかって読んだのよ。とにかく株を売るにはそれなりの理由があるはずなんだが、それがファンダとか地合いとか日本市場の株価の位置ということじゃなくて、単純になんでも含み益になってる銘柄を叩き売るみたいな、そんな印象を持ってる。もちろん、米国ダウなんかもこれだけ戻ってこれ以上、ってのはなかなか考え辛いわけだから日本市場の戻りもこの辺りが目安になってると思うし。

なので、銘柄を選別したり決算を吟味したり、地合いを懸命に調べたり、という個人投資家の努力は、いまは通用してないしな。そんな理屈で株なんか動かないぜ!みたいな、そういう言われ方をされてるようでムカツクだろう。

もうなんというか、10月10日からの急落があって、今回戻って、それで今日の売られ方をして・・・。こういうの、全部需給相場何だろうし、外資が売れば日本株は安かろうと何だろうと下がるのよ。それに、地合いが悪くなったら日銀が買ってくれるんだぜ!まったくおめでたい国なんだよ、日本は。

そんな嫌~な、雰囲気のザラバで、さて今夜の米国市場だけど、もちろんダウは$26,000台だから高値圏で、ここから上値追いするってことは、またぞろ市場最高値を更新してゆこうということになる。それが、果たしてできるのか?っていうと、そんなことできるわけがない(って俺は思ってる)。
なので、強気で売り勝負ってわけだ(苦笑)さて、今夜キツイのが来るぜ、きっと。
 

これを出してくると思ったぜ!というか今の不確定要素の塊のような相場でははっきり言ってこれしかない。俺のワンナイト・ギャンブルもこの範疇だからね。 これは大推奨だな。
【相場師朗】のショットガン投資法

いよいよ第二部「彷徨編」連載開始!振り絞って書いてます!
【師匠】彷徨編

灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】斜陽編

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

↑このページのトップヘ