株・愚痴の裏道

株式投資で負けた時、失敗した時、騙された時、予想が外れた時。 地合いの急変や材料での急落、パニック、暴落・・・ 個人投資家の喜怒哀楽をぶちまけます! (株・修羅の道の裏ブログ)

またひとつ・・・

またひとつ公開

またひとつ公開しちまったなぁ・・・と(苦笑)


移動平均線が短期投資の命だって話。記事を二つ書いた。まんま、師匠の受け売りのようなもんだけど。
偶然同じ考えの教材も見つけちまったしな。なかなかいい教材だ。師匠も紫垣氏も証券の現場にいた人間は同じような考えになるみたいだって思った。

誰も教えない株式投資の勝ち方:勝ち組の条件
(ちょっとタイトル変更 苦笑)
読んでみてください。

 




怒涛の10連休 東証、最低最悪の立会日程

10連休の日本市場(4/27~5/6)

4月27日ー5月6日まで、株式市場はなんと最低最悪の10連休に突入するぜ。これなぁ、最悪のシナリオを考えておいた方がいいかもしれんなぁ。いくら新天皇即位といっても、株式市場は容赦はないだろうから。

3月26日(火)権利付き最終日

まず、今月は26日(火)が権利取り最終日で年度内最終取引。今年は、最終的には持ち越したくない、権利取りしたくない売り物がガッツリ出てくる可能性が、今夜の相場で強まったな。

権利分は約¥180もある。なので、こういう地合いで¥180を月中に埋めるのは多分至難の業。日経平均連動型ETFの値幅調整による買い需要が約7000億位あるらしいけど、来週以降も米国市場が下落なら、買うとしても4月に入ってから?って考え方も出てくる。


タイトルブレグジット離脱期限4月12日(金)

それで、ブレグジットの離脱期限が4月12日(金)。ここでもしも、「合意なきブレグジット」になれば・・・高橋洋一氏曰く「リーマンショック級」。

まぁ、この時点で株式市場は大暴落へ突入する公算が大きくなる。


そこに持ってきて4月末までに米中交渉が合意出来なかったら、再度暴落。最悪のケースはその時点で日本市場は10連休に突入するんだぜ。

そうなればアウトだな。もちろん消費税増税はぶっ飛びだけど。


投資家のポジションは?

で、考えなきゃならんことは、こいう日程を前提として投資家がポジションをどうするか?ってこと。

俺はもちろん持ち越さんと思う。なのでそのために、いまからポジションは少なめにした建ててない。熱くなってイケイケなんかやらんように、自重の意味も込めてる。

しかしなぁ・・・俺は思うんだが、やはり空売り出来んと勝負にならんやろ?教材の宣伝ってわけじゃないけど、正直こういう地合いに直面すると、買いで勝つのがいかに難しいか、俺の主張が分かってもらえると思うのよ。

もう出来るだけ「狼少年」と言われつつも、リスク情報を掲載してきたつもり。

あとは頑張ってもらうしかないね。


 

リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ

いよいよ記事更新開始!

誰も教えない株式投資のコツ


(タイトル変更リニューアル!)

【カントリーリスク】

米国市場はゾンビ?まったくスリラーの世界よ!

おおおおっ!いま1:00amだけど、米国市場が完全に復活モード!こりゃ、強ぇや!まるでゾンビや!

米国ダウ $25,946($201高

昨日は「楽観相場終焉か?」なんて書いたけど、こりゃ終焉どころの話じゃなさそうだぜ。

しかし、去年の12月から現在までの相場は、本当にいい勉強したよ。株式市場ってのは、こういう動きになるんだぁ、みたいな。とてもじゃないけど、俺ごときの想像できる値動きじゃなかったし。何とも凄いな。

だいたい、12月にFRBが利上げを突如やめて、年明けすぐに大幅な政策転換をやるなんてちょっと信じられなかったし。後になって考えると「金融政策の転換が相場の転換」という師匠の言葉が刺さったね。まさにその通りの動きだったわけだ。


しかも、世界中ネガティブなファクターに溢れてた(今も、だけど)。米中貿易戦争はどうなっちまうんだ?って感じだったし、それでなくても中国経済を見てると、ガラガラと音を立てて崩れはじめてるし。年初から、このままいったら中国ビジネス比率からして日本企業も相当にヤバイ、と感じたしな。

そしてブレグジットも全くどうなるのか分からなかった。ブレグジットは土壇場になってコロコロと変わる政治SHOWみたいなことになってるけど、1月、2月の展開は本当にヤバイと思ったし。で、何がヤバイと思ったかと言うと、一番は金融で、ドイツ銀行を筆頭にボロボロの欧州金融機関が持つのか?という不安だよ。

そこに米国が(欧州金融機関を)マネロンで刺してたし。

あとはEU(特にドイツ)経済がブレグジットと中国の影響で沈むだろうと(今も思ってるけど)。そうなったら流石に世界経済もいつリーマン級に見舞われるか分からん状況だった、と言っても過言じゃない。けれど、そんなことは一切無視して米国市場はただひたすらに上昇を続けたわけで・・・。

どうして、無視できたんだろ?というのは、今も俺にとっては謎中の謎よ。


まぁ、それでも幸いにして俺はワンナイトなんで、負けることはなかったけど。やはりこんな時に強いのは短期投資だな、とつくづく感じてる。買ったままじゃ振り回されだけだからな。

P031015_czech15

やっぱ、株式相場ってのは、投資家の予想とか想像を超えるんだよ。いつだって裏切られる。裏切りの街角よ(苦笑)

最近生意気にもいろいろ書いてるけど、謙虚になって書くことを心掛けないとな。

というわけで、株式市場の予測は超短期以外には不可能だということを今更ながら改めて思い知らされた。師匠は最初のころ「株価がどうなるか、なんて分かるわけないでしょ」と言ってた。「このオヤジ、分からんくせに師匠かよ」って思ったんだ。

そうじゃないんだよ。分からんから師匠なんだよ。そのことに気づいたのは師匠が逝ったあとだったけどな。 


リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ

いよいよ記事更新開始!

誰も教えない株式投資のコツ


(タイトル変更リニューアル!)

【カントリーリスク】
株太郎 株式投資メソッド
eeb76_889_25bfcca450e1d29f8e45fe7535474d83

JJ
日計り手数料無料の証券会社
株太郎管理サイト
II

株修羅

株裏バナー

株太郎 エンタメサイト
wet新

師匠斜陽編

師匠彷徨編

不定冠詞