安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘ー衆院委

この記事は、目立たないがかなりショッキングなもの。もしも、事前に安倍首相が北朝鮮のミサイル発射を、すくなくとも発射の兆候に関して情報を得ていたとすれば、その情報の扱いについては非常に問題があるぞ!
第一、本当に知っていたなら、事はミサイルの問題なので日本に着弾すれば大変な犠牲者も出る可能性がある。この情報は、まさに人命にかかわる情報ってことだからな。

だが、北朝鮮が威嚇するだけ、という情報ならば、今回の発射は日本列島を横断するような軌道であったものの、領空侵犯ではないわけだから、J-ALERTで国民に対し恐怖を煽るのも、どうなんだ?って気がする。あんなのがいつもビービーと鳴ってたら気分はほとんど戦時下だしな。もっとも誰もまともには受け止めんだろうけど。

そういえば、事前に知ってたと言うのは、今回のトランプの対応を見てもなんとなくそんな感じがするよな。ハービー対策で北朝鮮どころではなかった米国だから、と言う事情・・・トランプ大統領としては支持率回復の絶好のチャンスだったわけで、黒電話なんか相手してられん!と言うことだろう。いつもの過激な言動は影を潜めて、「より制裁の強化を」という安倍首相に賛同してるだけ。

そういう意味では今回も「ミサイルは買い」がはっきり証明されたよな。今後、ミサイルが発射されても、株式市場はもうまともに反応しないだろうし、短期筋が演出して「ミサイルは買い」で儲けるために使われるのが落ちのような気がする。

やはり北のミサイル発射は・・・日本の花火のようなもんだ。日本で花火と言えば、真夏の風物詩だが、北では黒電話を楽しませるためのイベントのようなもんだ。っていうか、そんな金王朝に対していつまでも黙ってる国民ってのも珍しいよな。軍部にしても側近がズドンとやれば、終わりだろうに。そういうことが出来ないというのも、半島気質というか・・・国家の貴重な予算で毎回花火を楽しまれた日にゃ、国民の不満はピークだろうに。

というわけで、北の軍隊も、中国の軍隊も、単純に「カネと飯」のためだけの組織と思って間違いない。本気で戦争など出来るはずがないし、またやる気もなし。一方の米国にしても、もはや戦争なんかまともには出来んよな。いま、ドンパチやって国民に犠牲者が出れば、トランプは支持率回復どころか、本気で大統領職を失いかねんからな。

昔なら、戦争に勝ては英雄・名宰相だが・・・今はそういう時代じゃない。

  ----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル転換してます!
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄が動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

絶好調!日々激闘のメインブログ!
【株・修羅の道】