られちまったなぁ・・・あの(日本市場の)ザラバ中の米国ダウCFDぶっ飛び($80高)は、来年度予算が上院で可決されたことがきっかけだったんだよなぁ・・・。どうも、あの時間のぶっ飛びはおかしいと思ったんだよ。けれども、バタバタしててその情報をキャッチ出来なかったことが、完全に致命傷になっちまった。
Fotolia_106088185_Subscription_XXL

けどな、ロイターブルームバーグも、日経も何もかも、そのことには一切触れず、というか日本人記者が書いてるので情報が完全に遅れるわけよ。これが書けなくて、何の情報誌なんだ?何の通信社だ?って気がするわけよ。まったくボンクラ揃いだからなぁ・・・。肝心の情報が提供出来ないわけで・・・。

もし、そういう情報がタイムリーに出れば、3億も売り建てなかっただろうしなぁ・・・。いくら「ウリボウ宣言」したからと言って、流石にそれは出来なかったと思うし。
これで日本市場の週明けは新記録達成は決定的!日経平均15連騰かぁ・・・。もう狂ってるよな。あのバブル経済の時でもなかったことだぜ!これが、今、このタイミングで発生するということを、もう少し良く考えてみる必要があるね。

とにかく今の日本市場は、国内勢は流石に腰が引けてる。そんな国内勢をしり目に、海外勢は米国ダウがあの状況だから、容赦なく「買い」で入ってくる。この3週、4週は買い越しできてるわけで、いやいやながら国内勢も買わざるを得ない状況になってるって感じ。

けれども・・・どう考えても昨夜(昨日)の米国ダウの上昇には、個人的には違和感満載なわけよ。なぜなら、これで2018年度の予算を可決すると、後は残されたのは財源問題だろ?当然、来年度の予算を執行するには、相応の国債発行が必要になって、これは共和党も賛同せざるを得ないわけだ。そこまでは既定路線になったってことだが、では、トランプ減税のための膨大な追加予算どこから捻出するんだ?という大問題が残るだろう?これにはさ、共和党も易々賛同と言うわけには行かんぜ!

裏を返すと、(何らかの方法で)財源が手当て出来ない限り、共和党の反対派を説得するのは難しいだろうし、下手すると大幅な(法案の)譲歩を迫られるだろう・・・。法人税減税にしても、減税する代わりにオバマケアを廃止するのは当然として、他にも様々手を打ってくるだろうし・・・。通商交渉は強硬姿勢になるだろうし・・・。

要するに、米国とて、当てにしてるのは個人所得なんだよな。個人の所得を企業に移転することで経済を活性化するという古典的な理論なわけよ。その古典的な理論が敗れたのがサブプライムショックだったわけで、そのことを完全に忘れてるよな。

まぁ、この局面は、上昇するならご勝手に!と俺は構えることにするよ。月曜はしこたま踏まれるだろうけど・・・。

まぁ、それも仕方ないぜ。こんなイケイケをやられちまって、手も足も出ん。そしてついに、金融緩和の最終局面に差し掛かって、バブル現象が発生してるわけよ。バブルはいつか必ずはじける。阿鼻叫喚の下落が待ってるぜ!

月曜にしこたまヤラレて、「お前、もっと慎重にそのタイミングを伺え」と相場の神様からお灸を据えられるんだよな(苦笑)

(昨日診療で改めて見てみた小指だが・・・やはり第一関節から上が無くなってた。けれどなぜか痛みをそれほど感じないわけよ。俺は相当に鈍感なのかも・・・。昨夜はデカチチとおでんで熱燗をいただいて ・・・。アルコール消毒よ!笑)
----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル転換してます!
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄が動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

絶好調!日々激闘のメインブログ!
【株・修羅の道】