日本市場はどうしてこんなに売られるのか?ってな。企業業績は好調と言われてるけど、株式のほうはまるでボロ雑巾のようの粗末にされてるしな。今年の年初来安値は3月の¥20,347で金曜引け値が¥21,184だからあと僅かに¥837だ。

とりあえずこの1年間の株式投資は全否定されてる状況で、今の株価水準は2017年10月くらい。こんな時よく持ち出されるのが、信用組は評価損で追証の嵐だが、現物組は余裕みたいな理屈で、そんなんがまかり通るのは追証になることもないから安心できるから?日々評価損が膨らんでいることには何の差もないのにな。

この理屈が通用しなかったことは、リーマンショック後に何もしなくても現物株を所有しているだけで、どんどん資産状況が悪化して、しまいには売るに売れなくて仕事や生活がやせ細ったことでもわかる。たとえば3000万を投資したけどあの時は、何時か戻ると放置してなんと600万くらいまで10年間下がり続け、その後も回復すらしていない。

けどな、今回のような株式市場の暴落は、恐らく世界中で大きなファンドの資金が一斉に逃げてるからだろうし、そうした原因を作ったのは、トランプ政権の調子づいた姿勢であることは明々白々だよ。米国大統領が相当過激な姿勢を繰り返しても株式市場は上昇を続けたわけだが、流石に米中貿易戦争のエスカレートに、世界中のファンド運用者も流石に嫌気がさしてきたっていう、かなり心理的な側面が強いと思うし。実際、まだ、本丸は動いてないけど、こういうことがトリガーになってしまうかもしれんしな。

まずヤバいのは中国系でもなんでも米国市場をメインとしてるファンドなりが破綻してしまうこと。株式だけじゃなく債券も叩き売りになると、その損失を株式売却を埋めようと他のファンドが一斉に動き出す。そこでヘッジファンドがチャンスをばかりに売りを入れて来ると、さらに厳しい下げが待ってるね。

中国経済は(制度的に?)破綻はしない。けれどもアジアや南米、アフリカなど悪影響は瞬時に及ぶだろうし、人民元は完全に信任を失う(いまでも同じようなものだが)から、これだけ大きくなった中国経済が実質的に破綻状態となれば、世界経済は非常にヤバい。ところが、逆の目もあって、中国が大幅に資本の自由化を受け入れたら・・・・多分世界の株価は今の2倍くらいになるようなインパクトだけどな。はやりそうなるにはクーデターみたいなことが起こらないと無理かもしれんけど。

EUも相当にヤバい。特にドイツ経済は中国と共倒れになるだろうし・・・。中国が設備投資をするといえばその恩恵の大部分はドイツが独り占めしてたのよ。それが相当に弱ってて欧州の株価は軒並み年初来安値を更新したしな。このいまの状況は、なにかあったらとんでもないことになる、剣が峰だからな。

リーマンショックの時は米系の金融機関は軒並み破綻寸前までいっちまったけど、今度はドイツ銀行で、コメルツ銀行と合併しても解決しないわな。これが、事故を起こすようなら欧州系の金融機関は総崩れになる。それをなんとか乗り切るためには、空売りしかないのよ。リーマンショックの時にゴールドマンが大量に空売りしてほぼ無傷に近い形だったという教訓が生きてるわけよ。今回の急落で暗躍したのは欧州系のヘッジファンドで、あいつらは儲けるためには何でもやる。穏やかそうだが、中身は十字軍なのよ。

なので、ここからは、重大な事件が勃発しないことをひたすら祈るのみだ。間違っても買いで一財産、なんてことは考えないほうがいいと思うぜ。リバウンドを取ってもすぐに消えるからな。世界の株式市場は剣が峰だっての。
 

これを出してくると思ったぜ!というか今の不確定要素の塊のような相場でははっきり言ってこれしかない。俺のワンナイト・ギャンブルもこの範疇だからね。 これは大推奨だな。
【相場師朗】のショットガン投資法

いよいよ第二部「彷徨編」連載開始!振り絞って書いてます!
【師匠】彷徨編

灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】斜陽編

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】