米国では今の相場はもうどこから手仕舞いしようか?という選択相場になってて、今現在最も危険なのは、WTI原油HYG(ハイイールド債)だからな。明日以降は、この二つから目が離せんよ。

WTI原油価格下落の裏にあるのはさ、シェールが3月以降大幅に生産増になる(輸送・輸出できるプラットホームが完成する)という事情が大きい。OPECが減産してもこれはもうどうにもならんからな。そのことは原油が下落し始めた時に何度か書いたけど、これはまた厄介なことになるのよ。だいたい原油オプションも$50ノックアウトがあって$43ノックアウトもあったけど、これで損失が確定してしまったので、何か理由がない限り戻れないね。

HYGはちょっとヤバいのは、シェール関連企業やら、ハイリスクの社債(スプリントとか)が多いから原油価格とかなり連動するってこと。そこで原油オプションで損失が確定したから、ますますHYGが売られる方向よ。そうなってくると、その辺で事故が起こる可能性が非常に高くなるってことだな。

ただね、今回のHYGの暴落はちょっとやそっとじゃ止まらない気がするし、そうした影響は米国債の逆イールドなんかに影響してると思うのよ。それらを含めて改めてVIXを見る必要があると思う。
VIXは現時点で36だけど、これはこの水準だと50くらいまではワンアクションで行っちゃうから。で、そうなったときのHYGがどうなるかで決まるような気がする。

いずれにしても、今回の株式市場の暴落が債券市場に飛び火しないことを祈るのみだな。
 
一度だけ!たった¥1,000の銘柄選び!しかも使い放題。翌週の銘柄をスマホでチェック!
株式予想ソフト 鉄板!常勝NAVI